朝から仕事、早めに出勤して急ぎで終わらせて小豆沢にGO


時間ギリギリだったにもかかわらず地下鉄の出口を間違える失態
更に道も間違えるダブルパンチ、ダメだこりゃ 


会場についたら第一試合途中だった


第一試合 邪馬屠 対 トモヤ

トモヤデビュー戦、先月はカワグチ相手にエキシで3本取るという驚きの成績を残したけれども
さすがに今回は厳しかったかな、体つきは凄くいいけど試合がいいかってなるとそれは別

打撃の不慣れ感が出てたね、けどまぁあくまでデビュー戦試合を重ねて変わるかどうかでしょう



第二試合 邪馬屠 対 レッドアラート中野

邪馬屠連戦、珍しい
中野が一斗缶で奇襲してきて、イイぞ!!もっとやれ!!って思ったけど
後が続かなかった

全体的に厳しかったけど倒せなかったスリングブレイドをなにもせずに連発はよくない
好きな技で使いたいんだろうけれどもそれ出したからって試合がひっくり返るわけじゃないし
あれじゃ技が台無し



第三試合 怪人ヤンマーニ 対 マッチョ・マイケルズ

入場はいつもどうりながらレフェリーチェックでLINKSスタイルになったマッチョ
って事で前半はじっくり組んでの攻防、こういうの結構好き
後半からヤンマーニはいつもの用にPSを取り出すも効果が薄い
ゲームハード攻撃も古いハードじゃだんだん相手にも耐性が出来てきちゃうんだろうか

どっから見つけてきたのか懐かしのおもちゃファービーが飛び出すも
これはレフリーが一蹴、文字道理蹴っ飛ばしたw
翻訳こんにゃくで自分に衝撃を与えたヤンマーニがもう一度見たいなぁ



第四試合 SGワンダー、トナカイガー 対 平田、クリウ

トナカイダーはガオガイガーネタでした、入場曲聴くまで気づかなかった
コールされた時に「メリークリスマス!!」と声を上げると

季節外れだ!!年明けてるぞ!! などと多数声が飛ぶw
ちなみに姿はシシマイダーっぽいのを予想したけどラスカルだった

ワンダーは風邪気味らしくマスクとコート着用で試合開始
今日のワンダーは打撃をすべてあの肉体で吸収して体が弾みっぱなしだったw

色々ネタが多い試合だったけれども個人的にはRAW初参戦のクリウのネタが一番ウケたw
ゴムを用意して平田、中野にもたせて即席のロープを作るとそれを駆使して攻める攻める
最後に無謀にもスワンダイブを試みたもののゴムが手から離れて
ゴムがつま先にクリーンヒットwwクリウ悶絶でしたwww

いや~あれは面白かった、悶絶してるクリウをよそにそそくさと下がっていく中野も含めて面白かったw
クリウはコミックマッチ以外のも見てみたいなぁ



セミ 有明省吾 対 プリンス石井

本日のベストバウト、自分が見たプリンス石井の試合の中でもベストバウト
一発一発のエルボーは重さを感じたし、有明のパンチがクリーンヒットしたというのに
もろともせず試合を試合を進めてた

まだ3試合しか見てないけど有明省吾のパンチって試合を一気に自分の方に持ってくる
一手ってイメージがあるんだけどそこが破られちゃったもんなぁ

打つよりも組む攻めが多かったけどこれはセコンドのワンダー効果かな?

「メロングランド出来ないよ!!」とか支持というか指摘が凄いのね
エプロンサイドで見てるだけのセコンドとかはプロアマ関係なく見習ったほうがいいと思う

最後は飛びつき十字固めだったかな?
意地の張り合いになるかと思ったけどあそこで勝ちにいって丸め込んだのは良かった




メイン SAGAT 対 リヴァーサル沢

勝ちたい気持ちの現れかいつになくアグレッシブに攻めていくリヴァ沢
今まで見られな方殴りにいく攻めの姿勢が見られたのは個人的には嬉しい
けれども相手はSAGAT、体格差と普段と違う攻め方に消耗が激しかったかな
息切れが早い印象だった

全体で見てよかったのはリヴァ沢ながらラスト1分ぐらいかな?
SAGATのあの猛攻はやばかった、フィニッシュのゴアは受けた方が心配になるレベル
やっぱりSAGATのあの爆発力は恐ろしい

熱のある同期対決が見れて嬉しかったり勝機も見えただけにリヴァ沢の負けは悔しかったりで
なかなか複雑な一戦でした、けれどもこういう試合の方が見てて後々残るんだよね


大会後は誘いがあったので珍しく選手の方々と食事に
色々話せて楽しかったです、一個質問されてちゃんと答えられなかったので代わりにここで

今年期待?注目のアマチュア選手

リヴァ沢、ドクロ狂四郎、タイガーベットシーン、SAGAT、RYO

リヴァ沢は去年の下半期から気にしてたので引き続き化けて欲しいなって感じ
狂四郎とベッシンについては去年存在を知ってこれからまだまだ見てみたいってのがあるから
個人的には狂四郎対マッキーが見たいんだけど出来そうなリング無いよなぁ

RYOは選手自体というよりは対戦相手がどう出るかって部分の興味だから
質問の回答としてはずれてるか

SAGATはプロにいきたいって発言を何度か聞いてるので今年はそういうアクションあるかな?って感じですかね

若い選手が多いけれどもこれはプロアマ問わず若い世代の台頭が
団体もジャンルも面白くしていくと思ってるからです
各団体のベテランと言うか年長者の選手達は、見る側として試合で期待できる選手が多いし
若い世代が上がってきた時に壁になれる選手がばかりだと思うんで、こういう時にはあえて名前は出しません。

って事で今年のアマチュア初観戦の感想でした。