道場マッチは今年初観戦、新体制になってから早めに来たかったんでちょうどいいタイミングかな

さくらさんがいなくなって適任者がいなくなったといえるMCの部分当面は大会ごとに変わっていく
日直系のシステムみたいですね、今回は志田
カード紹介時に現パートナーを忘れるという見事なさくらイズムを見せてくれたw

志田とくるみは辰年コンビって事でドラゴンリングインをやると宣言、ぜひともドロップキッカーズに
追撃して欲しい所


第一試合 ハム子 対 帯広

なんだか最近険悪な雰囲気らしい二人
帯広はしたってるようだけどハム子が鬱陶しがってるかな?
試合は前だったらハム子もドタバタしちゃってたけども最近はそれも無いので
ハム子が引っ張りつつも結構バチバチしてた
帯ちゃんはまだまだバタバタだねぇ後輩も出来てきてる状況でこれはよろしくない
気持ちはわかりやすく出せるんだからこのバタバタ感がなくなれば凄くいいんだけど

帯広マジックは最近受ける方に慣れがきてるのか仕掛けられても冷静に対処されてる気がする
やっぱり技は出しどころと言うかどうやってそれで決めるかだよなぁ



第二試合 松本都 対 新田猫子

「ニャー」「ヤー」と前衛芸術チックな攻防からスタート
どうなることかと思ったけれども割りと普通に終わった気がする
猫子のサイドバスターが旋回式になってたね前のよりいいと思う



第三試合 ヘイリー、ドラミ 対 飛香、成宮

ヘイリーのベルトが減ってる(T_T)
Jの無差別以外は負けたわけじゃないのに減ってるのが悲しい
体中ベルトだらけだったがカッコよかったのに

ヘイリーはやっぱりレベルが違いすぎるんで
この試合は他の三人次第だよね


飛香ちゃんはイマイチだったなぁ
成宮は積極的に打っていってたけれども差がありすぎる相手あれではどうにもならないと思う
アルゼンチンからロープにはホイップさせるのがあったけど
あれは喉やっちゃいそうで見てて怖いな

さてドラミ、積極性はあったと思うんだけど如何せんコーナーアタック多用しすぎ
あれ乱発されると結構見てる方は辛い、ってか飽きやすくなるんだよなぁ
逆エビなりスリーパーなり胴締めなり何でもいいから中盤でそういうの盛り込んでいかないと
いろいろ厳しい気がする

重爆ダイビングセントーンは凄かった、トップの方が難しいと思うんだけど
トップの方が決まり具合がキレイってのはなにげに凄いと思う
けども受ける方はキツイだろうね、もう一個別のフィニッシュがあって
ダイビングセントーンがダメ押しって感じになったら面白いかなぁ
と言っても現状でそこまで望むのは贅沢か

途中で肘痛めてたけどあれは大丈夫かねぇ


メイン 藤本、つくし 対 志田、くるみ

ドラゴンリングインを宣言した辰年タッグだったけど試合中じゃなくて入場でやってた
ドロップキックで追撃して欲しかったんだけどなぁってか藤本ドラゴンリングイン知ってたんだろうか?
あれは追撃されてこそなのに

先発はつくしとくるみ、序盤の絡みだとこの二人が一番良かった気がする
藤本と志田のはちょいと狙いすぎてないかい?
中盤まではイマイチだったけれども途中からつくしが伸びる伸びる

つくしが凄いのなんて今更言うまでもないし見る時もハードル上がってるのに
それでも凄いという言葉を出させるつくしはホントに凄いと思うよ

あとツープラトンのドロップキックが決まってこれだけ爽快なチームって
そうそうないよなぁ


今日の試合、成宮がドラミに、志田がつくしに取られたことにより
2チームがタッグ王座に挑戦表明

どっちが先に挑戦するかで言い争いをするつくしドラミに志田がキレて面白かったwww

いや~見事なキレっぷり
引く人が出ちゃうかもしれないけど個人的には面白いです

普通挑戦者決定戦っていうところなのに
勢いでジャンケンとか言い出すしなぁww
結局今回どうなるかは決まらず、近々決まるだろうけど
やるのは横浜とかになるのかな?

厳しい所もあったけれどもメインが良かった
さくらさんいなくなったらやっぱり厳しいのか?って思う人もいるかも知れないけど
道場に関しちゃメインに救われたとかゲストとか男子部がかっさらうなんてこと以前からあったしねぇ

進行役がいなくなった以外の違いは今の所対してないと思ってる
問題が出てくるかはジワジワ出てくるだろうね
いざって時にケツ叩ける選手はいないだろうしその時がキツイかも