ひと月に二回もケロベロス道場に来るなんてどうした俺!! 一回行ったら敷居はぐんと下がるんだよなぁ 思ったより近いし 大袋ついたらメッチャ暑かった、笑えるレベルに熱い!! コンビニで飲み物かって会場に、そういえばここ会場でも買えるんだった 忘れてた お客さん少ないーってかしってる顔の多いこと(笑) ちょこちょこ話してたら開始時間に前説スタート 熱い中スーツ姿でご苦労なこってす 「この会場田中稔選手よりもヒートです」 なんていう名言が飛び出すw ヒートはアキバに行くと50円ぐらいで売ってたりしますww この会場熱いけど正面でドアが後ろにある当たりに陣取ると 結構楽なんだよね、風入ってくるし、窓際は寄りかかって見られるけど 日当たり良すぎて辛い気がする 前説中に後ろで食事をはじめるドクロ狂四郎 なかなかフリーダムな空間です 第一試合 リヴァ沢 対 マットヌル太郎 ヌル「フゥーー!!」 客「・・・・・」 ってやり取りが何度かあったww ノリが悪いと言うよりもあえてやらないあの空気 もうちょい見たかったなぁって所でレフェリー暴行でリヴァ沢の勝ち 第二試合 ハレタコーガン 対 エル・アモン・アマース アメプロの敵キャラっぽい選手とキャプテン・アメリカな組長のシングルマッチ まさかこの二人のシングルが見られるとは思ってませんでしたよ 平田とのシングルも楽しみだったんだけどこっちも魅力的なカード けれども第一試合に続いてレフリー暴行により反則裁定 こっちももうちょい見たかった 不透明が続いたことにより もしかしてTIWはアマチュア頑固的な存在なのだろうか? なんて変な考えが浮かんでしまう 第三試合 ドクロ狂四郎 対 大腸ケア 試合はほとんど見たこと無いのにたまに 太陽ケアってみると大腸ケアに変換されることがあります K-DOJOのTシャツ着てた大腸ケアが練習生に見えた Kの会場にいたら絶対そっちの人だと思ってしまう 体格いいからエルボーがなかなかいいあたり あとフルネルソンだったよね? グランドでロープ際だったのをかけたまま移動させていってたのは良かったなぁ フルネルソン好きなんだけどプロ見てるとドラゴンで投げる前の動作の一つになってる のが多いんだよねぇ そういやパイルドライバーの体制からバイソンテリエル風に落としていったのは凄かった 近距離で見たせいもあるけどインパクト絶大 狂四郎が持ってきた恐竜の人形 あれみて羽山秋人がああいうの持ってなぁ なんて思い、そういやちょっと似てるよなぁ とか頭によぎるのは多分俺だけ、どうでもいいね、うん 体格で押されてるようで口とグランドで盛り返す当たりは狂四郎の世界って事だろうか 口を使ったプロレスは小規模会場だからできることだけどこの選手はどこの会場でも 面白いのが出てきそう、ドロップキックが毎試合綺麗なんだよなぁ 終盤二人が場外に、戻る気配が一向に無いので もしやと思ったら両者リングアウト まさかの不透明決着3連荘、これはもしや・・・・ メイン oKADo 対 イホ・デル・メソJr レフェリー「決着つけるように!」 って言ってるのがもう振りにしか聞こえなかったあたりダメだな俺 好勝負って言う感じではなかったけれども それでもヤリタイことがある そう銘打ってやった大会のメイン、二人共ガッツリ勝ちにいった姿勢は良かったと思います 不透明4連荘なんて予想してすいません 最後は丸め込み、oKADoは返したと主張してたけど 席的にどうだったかは見えず、あの丸め込みは初めて見たな シャイニングもろに食らったのとスタミナ面でフラフラながら 試合後のマイク立ってしっかりやってたメソさん良かったですよ シングルタイトルおめでとう!! 二人は大学は同じだけどメソはTIWの存在しらなかったらしい 知ってたら秋プロじゃなくてそっちの選手になってたのかなぁ それだと多分目見るのは数年後になってた気がする oKADoは9月にもまたTIWをやると宣言 9月はアマチュアが毎週のように開催されると客席から突っ込まれるも強行する様子 アマチュア見るそうに取っては9月は大変な月になりそうだなぁ