yo1134

アキバで働くプロレスオタク

2011年12月

26 12月

12.25 アイスリボンに行って来ました

さくらえみ最後のアイスリボン後楽園大会 

見る前は複雑な気持ちもあったけれども終わってみたらやっぱり自分はこの団体が好きだなと思いましたよ 



オープニング  

いつもの「女子プロレス~」ってあれは無く、ステージに選手が一列に並びさくらさんがマイク 
あのピリっとした空気は好きです 

話それちゃうけどよくビックマッチで入場式やる団体あるけど締りがない感じがするのが多くてあんまり好きじゃないんだよね 
どうせやるならばビシッと決めて欲しいです 



第一試合 希月あおい 対 植松寿絵 

あおいちゃんの復帰戦 

道場に挨拶にきた時には自分は行けなかったので姿を見るのは本当に久しぶり 
と言っても一年前のリボンマニアで姿は見たか 

なんだかとても懐かしいものを見た感じ、髪が長くなった以外は本当にそのまんまだった 
またこれからいっぱい試合が見れるのかな? 
これからどういう頻度で試合するとかはわからないけど楽しみにしてますよ 

青春ピラミッドも久しぶり、あの時にやっぱり知らない人が多いんだなぁ 
って思った、けどまぁそれは欠場中に新しいお客さんが増えたってことだから悪いってことではないよね 

最後はジャイアントバックブリーカーを切り返されて丸め込まれる 

なんかかこの勝負のつき方も懐かしいなw 
NEOでシングルやった時も同じ負け方してた気がする 



第二試合 内藤、新田、成宮 対 宮城、くるみ、長野 

アイスリボンビックマッチではお馴染みのイリミネーションタッグマッチ 
今回はキャリア二年未満の選手が集まる感じになった 
さすがにこのキャリアの選手が集まると前半は厳しく感じたけれども終盤 
成宮ともちのシングル状態になってからはグッと面白くなった 

最近成宮に注目が集まってて起き風気味だけど 
俺には全体で見るともちの方がよく見えるね 

この二人が切磋琢磨していくのを見るのはこの後の楽しみになりそう 

最後は成宮がダイビングギロチンで勝利、あれはお見事だった 

そういや避けられちゃったけど長野のダイビングセんトーンも良かった 
距離とうくないか?って思ってたんだけ落下地点はどんぴしゃり 
うまく使ってフィニッシャーにして欲しいな 



第三試合  

なんでだか前回の後楽園から続いているIWA関連の試合 
ゴム人間見たことなかったからちょっと嬉しい 
デスワームにだけ紙テープが飛んでたのは元アイス所属だからですか? 

試合の方は正直厳しめ、デスワームのワームという珍しいものが出てきたにもかかわらず 
ワーム自体があんまり客席に知られていないのでさほどわかないという残念な事態に 
帯ちゃんもワームの真似してたけどなかなか酷かったw 



第四試合 聖菜、牧場みのり卒業試合 

この子たちをはじめてみたのは5年前かな? 
この年令で5年前といえば本当に子供だったわけで 
そんな頃から見ていた選手たちの卒業マッチなんてまともにみられませんよ 

もう涙涙で止まりません 

みのりは道場出来て一年目の頃にはリング上を引っ張ってたし 
聖菜は引き出しの多さ、センスの良さから期待値高かったよなぁ 

2006年組とさくらえみ、そして高梨さんが今のレベルのプロレスどっぷりな状況に 
自分を引きこんでいったんだよねぇ 


真琴が来場してみのりに手紙を、この二人のシングルは本当にいっぱいやったよね 
市ケ谷で最初に見たのもこの二人のシングルだった 
選手の成長とともにカードが育っていく光景は見ていて面白かった 
二人ともこのカードの時には普段より気持ちが出てるんだよなぁ 

同期で仲よかったからこそ、負けたくなかったんだろうね 
みのりがはじめて真琴に負けた時の落ち込みようとか凄かったもんなぁ 

自分の中でこの二人絡みのベストバウトはタッグになっちゃうけどさくら咲くタッグトーナメント決勝の試合でした 

聖菜には飛香から手紙が・・・・って思ったら泣きじゃくって飛香が読めないw 
急遽りほが代読、その内容は自分と今から3分一本勝負をやるぞ!!ってものだった 

言葉を送るよりも試合の方が伝わるんだろうねw 
ビックリしたのが聖菜の動きがここに来てまだ伸びてきてたんだよね 
やっぱりこの二人はお互い必要な存在だったんだろうなぁ 

聖菜、みのりから挨拶の後テンカウントゴング 

さくらエビちゅ流れないかなぁって思ってたら流れてきて涙腺が緩む 

ここにホノとかヒナタとかあいかもいてくれたらなぁなんて思っちゃったけど 
それは贅沢すぎるね、もう何年も前にあの子達は別の道にいってるわけだし 



第五試合 インターナショナルリボンタッグ王座決定戦 

前の試合の余韻に浸る間もまもなく頭を対抗戦に切り変える 

アイスと仙台で最初の絡みとなったのは牧場みのりのじゃじゃ馬トーナメント参戦だったよね 
その後しばらくはみのりは仙台に参戦していて 
それまで絡みのなかった両団体の橋渡し的な存在になってたと思ってる 
アクシデントからだけどみのりと花月のタッグで板橋大会のメインをやったこともあったし 
アイスリボン最初の後楽園大会じゃみのりと花月はシングルマッチをやってたりするんだよね 
(この時はみのりが勝利) 

時は流れて去年の九月にアイスリボン対仙台ガールズが去年の九月に開戦 

それ以来アイスリボンは仙台に負け続けている 

今回は里村対つくしって所に個人的に注目 
体格差でもあるんでつくしは当然厳しい展開が多かった 
けれども一個気になったのは里村が全然技受けないんだよね 
決めさせないよって感じじゃなくて 

なんというか受けまくる試合がいいって言うのとはまた違うんだけど 
なんかこう風に見えちゃうと試合と言うか選手に対しての印象も違ってきちゃうなぁ 

さてさて仙台のもう一人は仙台幸子 
他三人はゴツゴツガッチリやってるさなかに一人だけタイトルマッチでも対抗戦でもない空気を 
出していた、これがいいのか悪いのかよくわかんねぇんだよな 
少なくとも俺はイラッとしたんだけどそこ狙ってたのかもしれないし 

ん~ 

さくらさんは終盤里村にニャンニャンプレスを決めてつくしに試合を託し 
幸子からハルカゼで3カウント!! 

この瞬間の自分の高まり方は半端無かったなぁ 

しかしプロレスってのは残酷なもんで対抗戦でようやくもぎ取った一勝とともに手に入れたタッグベルトを 
さくらえみがいるうちに引っペがさなきゃならないんだから 

防衛戦が出来るチャンスが何回有るかはわからないけど次期挑戦者は志田成宮組 

さぁどうなるリボンタッグ、今日の試合を見ちゃうと防衛して欲しい気持ちもありつつ 
移動させて欲しい気持ちも強いので凄く困る 



セミ  

DDTのホモクロの試合がアイスに持ち込まれアレンジされた感じの一戦だった 

大家「30過ぎてアイドル好きとかおかしいだろう!!」 

客席「お前もAKB好きだろうが!!」と一斉に突っ込みが入ってたw 


大石がChaiMAXをかける、ホモクロパワーアップ 
⇓ 
大家がOKレボリューションのテーマをかける、大家パワーアップ? 
⇓ 
葛西がカラオケ歌いだす、葛西純オンステージ 
⇓ 
飛香がサンタさんをかける、飛香と都が踊り狂いホモクロパワーアップ! 
⇓ 
曲中盤から前半戦に出ていたアイスの選手たちがサンタコスで登場してリング周りで踊りだす 

ドラミだけサンタじゃなくてドラミだったけどあれはよかったんだろうかw 

最後は男色さんがリバース海老反りでスプラッシュで大家から3カウント 

男色さんのちょっといいとこは酷かったですw 

間違いなくDVDには出来ない試合なので中継が見られる人はぜひとも見て欲しい一戦です 



メイン ICE×60選手権 藤本 対 志田 

ん~二人とも仕掛けが早くて技の返し合いっぽくなってしまった印象 
俺の邪推かもしれないけども20分という試合時間と大会の進行時間 
この2つの事が二人の中にああったんじゃないかなっておもってしまう 

時間気にしないでこの二人のシングル見てみたいな 

って気持ちと同時に条件はどうあれ肝心な時に出ない実力なんてないのと同じ 
あれが今の二人の実力って思っちゃう部分もあるんだよね 

まぁ言い回しは違うけれども同じような意味の言葉を何度も聞いてきたからかもしれないけど 

さてこの試合の直後に女帝興業のメインが志田ゆずのシングルであることが志田の口から発表させたわけだけども 
これにはホントにビックリした、ブル様凄いね 
俺はてっきり6人タッグがメインなのかと思ってたよ 

試合を見たブル様がその場でダメだししてたのは良かったなぁ 
それに志田が言い返してたのも良かった 

なんつーか志田ってルフィとか夏菜子的な存在だよね 

こいつに任しときゃなんとかなるさって思えちゃう部分と 
別に舵取りをしっかりして上げなきゃって思っちゃう部分もある 

そういう部分は周りが支えていかなきゃってのがあると思う 
こういうのってどっちが凄いとかじゃなくて一対であったり一つのチーム、グループで有るからこそ 
良さが出てくる面があると思う 


もうすぐさくらえみがアイスリボンからいなくなる 


さくらえみっていうのは自分から見たら 

強さ、行動力、デタラメさ、愛嬌etc 

一人で色んな物をもってた選手なんだけれども 
そんな選手がいなくなって丸々変わりが出来る人材なんて自分はいないと思います 

けれどもあとに残る選手達はどこかしら、何かしらの面でさくらえみの遺伝子と言うか魂を受け継いでいると思います、というかそう信じたい 

その選手達が一丸となって進んでいければアイスリボンはこれからも前に前に進んで行けるんじゃないかと思います 

自分は来年からも見ていきますよ、アイスリボン 

そりゃ昔に比べりゃペースは落ちてるけどアイスに限った話じゃないしね 


最後「プロレスでハッピー!アイスリボン!!!」 

の後にさくらさんがいなくなってから藤本をはじめみんなで手を取って一礼してたのにはくるものがあるね
24 12月

JWP後楽園に行って来ました。

事前にこの日は出れないからねっていってたのにシフトはいってるとかもうね 

しょうがないから早でして終われせて一時間遅刻で観戦 

第一第二試合は見たかったんだよなぁ 


はじめに米ちゃんの件 

やっていいか悪いかでいったらダメだと思うけど 

個人的にアリか無しかでいったら“アリ”なんだよなぁ 

けどこれが今後JWPに行くきっかけになるかってなるとそれも違うんだよなぁ 


なんか色々めんどくさいですけど試合の感想書いてからで 



第四試合 15人参加バトルロイヤル 

凄く緩かったw 

会場実況があったんだけど選手の声に被せてるからなに言ってるかわかりゃしねぇ 
そしてゲスト解説の日向さんが喋らない・・・。 

まぁ日向さんに喋り期待しちゃいかんか 


個人的に面白かったなぁ大社長とさくらさんとGAMIさんかな 

試合後ブル様がリングインして倉垣とボリショイさんに1.8の参戦オファー 

ここで倉垣にって辺りがなぁ・・・ 


ボリショイさんがもう一人紹介したいというのでリングに呼び込む 

なんか中島っぽいなぁって思ったら 
ホントに中島だよオイ!! 

まさか帰ってくるとは思はなかったなぁ 

あおいちゃん復帰の二日前に中島を見るとは思わなかった 


   
第五試合 LEON 対 木村 

あぁこの試合はまったく自分の中に響かなかった 
やってる方はキツイだろうし体はってるけど 
正直勝敗に興味持てないし、内容的にも好みじゃないしなぁ 

最後はお互い頭突き連発でダブルノックダウン 
途中でカウント止めて終了だったけど 
そんな状態ですぐに起こしたりしてやばくないのかい? 


休憩中 

リングで告知?やってたみたいだけどよくわからず 
売店がすごい人でした 



セミ ヘイリー 対 倉垣 

ヘイリーに勝って欲しかったんだけど煽りVの時点で 
倉垣が取りますって空気出しててガックシ 

試合の方は消耗戦といえばいいのか大技が飛び交う展開 
正直嫌いな展開だけど“ヘイリーに勝って欲しい”そう思って見ていたので前の試合よりは入っていけた 

ヘイリーはやっぱり凄いよなぁ 
倉垣ぶっこ抜きジャーマンなんて女子で出来る選手いるとは思わなかったよ 

ヘイリーってチートはいってるレベルでr体力勝負じゃ国内で勝てる選手いないだろうって感じ 
なのにその体力勝負で試合じゃ押されてた選手が最終的に勝っちゃう展開に違和感しか感じないんだよなぁ 

ん~ 



メイン 米山香織引退試合  


セミが終わったぐらいで携帯見たら時間が2時45分ぐらいだった 

あれ?これやばくね? 

って思いつつも米ちゃんの入場を見る 
リングインして記念品贈呈 


最後だし花とか渡したい気持ちもわからんでもないけど 
見てる側からこの人誰かね?って思われちゃうような人達の分は裏で個人的にやれやって正直思う 


最後の最後、米ちゃんに勝って欲しかったけれども負けてしまった・・・ 


引退セレモニー、最後のマイク、10カウントと進んでいるさなかに 
まさかの引退撤回w 

いやいやいやいや、有り得ないことが目の前で起きてて 
こう書いちゃいけないかもしれないけど凄く面白かったww 

最後のマイクの時からもう伝わってくるのは辞めたくないって気持ちで 
言葉だけなんとか辞める方向に持って行ってる風に見えたんだよね 
そんなもんだからカウント止めてどうしようどうしようって 
なってる時に辞めるなって叫んじゃったもんなぁ 

怒ってる人も中にはいたけど泣き笑いで喜んでる人が多いこと 
試合じゃない部分でだけど自分がきたJWPの中で一番面白い瞬間だった 











上にも書いたけどこれって個人的にはアリっていうか嬉しいことなんだけれども 
それが今後JWPを見ることには繋がらないんだよね 
俺もともとJWPで米ちゃん見てたわけじゃないし 

凄いと思う所もあったけどやっぱりJWPの試合って自分には合わないと思ったしね 

結局の所試合なんだよなぁ俺の場合 

今後行くかいかないかってのは多分これまでと変わんないだろうな 

DDT、アイスリボン、アマチュアが今の自分の観戦三本柱 
この3つについては行けるようならば出来るだけ行きたい 

他の団体については 
面白いかどうかは行ってみなきゃわからない、だから面白そうと思った所に観戦に行く 

って感じで観戦になると思います 


これから大変だろうなぁ 
引退撤回だけじゃなくて興業時間についてもね 

メインが始まったのが三時だったしあれこれあって終了したのが4時 
時間オーバーの件なんて本来客が口出すことじゃないと思うけれどもだ 

結果的にに引退はしなかったけれども、米ちゃんの引退興行で 
引退セレモニー前に席立つ人がちらほらいたわけさ 
さくさく進んでたらそんな人もいなかったっだろうに、俺はそっちの方が残念でならないよ 


あぁ思い出したら頭の中ごちゃごちゃ 
いつもの如くまとまらないから今日はもう止めとく 
18 12月

12.17 アイスリボンに行って来ました。

道場マッチ、今年行けるのはたぶん最後だと思う

今日は米ちゃんが最後の参戦

最後の米ざくら、相手はマッスルビーナス

そして聖菜の試合だったり、数年ぶりの木村参戦とか見どころいっぱい

100人超の大入りでした、ギュウギュウだけど満員ってのはこっちとしても気分がイイもんです

後楽園も満員になるといいな



入場式

通路よりだったので後ろを向いて選手が入ってくるのを見てたんだけど
ウエイトアップした帯広ちゃん、視線を落としながら歩いて来たのがちょっぴり
しもうまさんにの姿にダブった


第一試合 さくらつくし 対 飛香、聖菜

あぁ聖菜の入場曲がかかっただけで涙腺にくる
市ヶ谷時代からのファンからしたら感涙しちゃうよね
前日エキシがあったとはいえ久しぶりの試合
もたつく場面があったけれどもそんなこと気にする必要はないよね
後楽園最後の試合はのびのびやって欲しい

聖菜の技の引き出しが色々見れて嬉しかった

飛香と聖菜が並ぶと絵になるよなぁ




第二試合 ヘイリー 対 内藤新田

ベルト六本巻いてくるヘイリーカッチョいい!!

ってかデカイ!!

まぁわかっちゃいたけど正直差がありすぎたね

内藤さん声だけじゃなくて身長あるんだしもっと動きも大きく見せれたらいいのにね



第三試合 木村、帯広 対 つくし、もち

前日のツイッターで良い所出させる気なんて一切ない
なんて言ってたけどこの二人の場合その方がいい所が出るんだよねw

序盤のレスリング木村優勢だったけどウエイト差もあるよなありゃ
つくしの負けん気の強さが出てたねぇ

帯広に落ち着け!!

って言ってたけど帯広が試合中に落ち着いたら動かなくなりそうな気がしてしまうのは自分だけだろうかw

久しぶりに見たけど木村はいい体というかプロレスラーだなぁって胴体の太さ、厚さがいいね
後いい試合しようとしない所、変な言い方だけどいい試合しようって意識がありすぎる選手が多い中
ああいう選手は貴重だと思う



メイン 米ざくら 対 藤本、志田

先に入場した藤本志田組、志田が入場してからずっと入場ゲートの方キリッ!!と見てたのが
なんとも凛々しい、赤いライトが栄えてた

前半の楽しさと中盤後半にかけての維持の張りあいのメリハリが凄いよかった
一年前だったらあの意地の張り合いは個人的にはなしだったと思うけど
今の二人ならばありだと思う

思わず「ヒデェ」とか声に出しちゃうぐらいえげつないと言うかキツイ攻め見せてるんだけど
見てて嫌なものじゃないんだよね

ひたすらハードヒットが続いたりするとうんざりする時もあるってのに
なんなんだろうなこの違い

米ちゃんがブレーンバスター、ファルコンアローとくらってスリーカウントで畳み掛けるけど決まらない
志田がさらに追い打ちをかけようとファイヤーマンズキャリーかな?に担いだ所を
米ZOUに切り返してフィニッシュ

紙一重な用に思えたけれどもまだまだ壁は厚かっただろうか?

志田最後なに狙ったんだろうなぁ
最近ストマックブロックやったりしてると聞いたんだけど
あの場面で狙う技じゃない気がするし

あの体制から決める新技があったら後楽園での隠し玉になるよね

けど今あるものでも十分に勝負できるしそこは欲張り過ぎかな?


座談会

くるみのコメントに泣き、松尾のコスが使えることになった聖菜のリアクションに萌える

木村の帯ちゃんに対してのコメントもよかったねぇ
アマンドラの時からそうだけどいい人なのがにじみ出てるからヒールやってると違和感しかないんだよね

米ちゃんのアイスリボン卒業セレモニー

寂しくなるねぇ

他団体ながらアイスリボンを盛り上げてくれた米ちゃん
夏樹との対戦はいつ見ても凄かったし、アイスの選手たちと対戦したときには高い壁だったよね

米ちゃん今までありがとう!!


高梨さんや趙雲、米ちゃん、ひろよん、奈苗、夏樹

いろんな他団体の選手に支えられてきたアイスリボンだけど
さくらさんがいなくなってしまったらこの辺りの光景も変わってくるのかなぁ

あぁけど甲田さんがマッチメイクすると男子参戦は普通に有り得そうだな
NEOも結構男子出てたし


今日は珍しく全ポラを取ったよ
多分さくらさん込みで取れるの俺は最後になるだろうし


大会後には忘年会兼誕生会でみんなで居酒屋に

誕生会は最初本人不在という珍現象が起きてたけど
後半に駆けつけて面白かったw

最後は一本締めならぬいっか~い締めで終わったww
14 12月

プロレス大賞 2011

週モバで結果を確認 

MVPは他にいないと思う 

タッグはバットインテンションズだと思ってただけに関本岡林が取れたのは嬉しいところ 

ベストバウトはちょっと違う気がする物のまぁ東スポ主催代替だのんなぁって思っちゃうのが正直なところ 
それよりもせってた試合が個人的に見ててゲンナリした試合だったから意外だった 


三章はあんまり気にしてないけど技能賞取ったKENTAが 
技能じゃなくて覚悟が押されたってなんだそりゃって感じ 

いい加減名前変えりゃいいのに 

女子、受賞者がいてよかったと思うけども 
女子プロレスを世間どころまでとどろかせたってのはプロレス村の中にいるとまったく実感できないんだよね 
選考委員の人はどこら辺でそう感じたのか説明して欲しいな 
個人的には今年女子プロレスってジャンルを一番世間にアピールしたのはアメトークの女子プロレス芸人だと思う 

プロレスをアピールしてくれた人に賞をって言うならば選手外から受賞者がいてもいいと思うんだけどね 


新人賞は大地かと思いきや鈴川か 
多ジャンルの本職だった人を新人扱いしちゃうのはどうなんだろうなぁって思ってしまう 


そういや今年は功労賞と話題賞は無しですか? 
12 12月

12.11 RAWに行って来ました。

路上系のノーリングは苦手だけどRAWとかWINのノーリングは大好きな俺 

畳のプロレスは今日も面白かった 


遅れ気味で会場入りしたら既に第ゼロがスタートしてた 


第ゼロ試合 ユウキロバートカワグチ 対 トモヤ 

トモヤはハム子の師匠にあらず、なんか見たことある顔なんだけど 
どこで見たかは思い出せない 

トモヤ良かったなぁ、エキシビジョンで3本も取る選手なんてはじめて見たよw 
こりゃデビューしてからが楽しみ 




第一試合 レッドアラート中野 対 ドクロ狂四郎 

狂四郎のシングル見るのはじめてだな 
相手が中野ってのもあるけど見事な転がしっぷり 
最後のジャックナイフだったり変形のロメロとか見たことないのが飛び出しつつも 
ロケットパンチやらネタも盛り込んでく辺り引き出しが多いようだねぇ 

中野はもうちょいやり返して欲しかったかな 
終盤はスリングブレイドでも狙ってたのかな? 
あそこで待たずに攻めにいけばよかったのに 

試合後邪馬屠に食って掛かっててのはちょい以外、ベッシンと継続参戦を企ててるらしいけど 
実現したらこりゃ面白くなりそうだ 


ボスコニアン杯 

第二試合 拝銀主義者指名選手 シシマイダー 対 プリンス石井 

シシマイダーは新キャラでいいのかな? 
獅子舞だけど赤べこっぽい風貌が素晴らしい 

噛み付きとタックルと言うか体当たりが攻撃の中心だから 
攻撃の半分は反則なんだよなぁw 

プリンス石井のコミックマッチってのは見る機会そうそうないから新鮮でよかった 

試合中にメソとマッチョがシシマイダーの被害にあってた、頭からがぶり 



第三試合 リヴァーサル沢 対 タイガーベットシーン 

今回は好勝負揃いでどの試合も良かったんだけど 
個人的なベストはこの第3試合 

ベッシンは序盤リヴァ沢の土俵に上がってたけどすぐにグローブも外して 
自分の方向に持ってこうとしてた、一方リヴァ沢は一切付き合わず 
終始自分のスタイル崩さなかったね 

一年前はプロレスっぽいことしようとしすぎててつまらなかったけど 
今年になってから見違えるよなぁ 

ベッシンがプロレスしろって言ってたけど 
見てる方からしたら使ってる技術が総合系なだけであのスタイルも立派なプロレスですよ 

リヴァ沢は後は打撃があればなぁ 
毎回見てると首から上の打撃がないってのは見えてくるからタックル狙ってるのとかわかるんだよね 
絶対やらなきゃいけないわけじゃないけど、打撃の引き出しもあって欲しいな 

さてベッシン、尻尾攻撃で中身が飛び散るアクシデント 
さすがあれだけおもいっきしやったら壊れるかw 

負けっちゃったけどどこが悪かったって感じじゃないんだよね 
ツイッター見てるとまだまだ模索中みたいだしこっからどーなるか楽しみ 
あのピリピリした空気は好きなんでこれからアマチュアで活躍してくれるよ個人的には嬉しい 



第四試合 邪馬屠、RYO 対 雫あき、尾谷ともひろ 

試合と乱闘の中間にあるような試合、RAWというか邪馬屠らしい試合だったかなぁ 
前回が個人的には微妙だった雫と邪馬屠の絡みだけど今回は文句なし 

RYOは尾谷に基本動作だけで序盤は封じられた印象だけど 
最後の最後まで噛み付いていってたのは個人的には好感触 

ってかタフだよなぁ、先週あんだけやられたのにピンピンしてるもん 

尾谷はこの四人の中じゃ一番冷静だったかな? 
所属団体が団体なだけに技術はしっかりしてるんだろうし 
体つきもいいんだけどもうちょっと感情的にと言うか荒ぶって欲しいなぁ 

しっかし身長的にはそうでもないんだけどデカイよね 
幅も厚みもあるしいい体、Tシャツ脱いだ方がいいよあれ 



セミ 有明省吾 対 Die-56 

出場予定だったビックボンバーNKNがRAWを引退、退団したため有明省吾が緊急参戦 

引退セレモニーで選手が皆泣きじゃくり、「ボンバーさんが引退するなら俺死にます!!」なんて 
中野に言わせるこの選手は一体何者だったんだろう 
前回やったボスコニアン引退セレモニーとは真逆の光景がそこにありました。 


急遽組まれたこのカードに個人的に興奮!! 
前回見て凄いと思ったけど有明省吾、この人やっぱり凄い!! 

優勝候補と思ってたDie-56に勝っちゃったよ!! 
内容も凄かったしなんか凄いの見た気がする 

右手だけにグロープしてるの見てもわかるけどパンチ使いなんだよね 
けどそれで試合をするんじゃなくて一発ここぞってタイミングで使ってた 
あの一撃は見事だった 

そしてDie-56もやっぱり凄いよなぁ、タックルのスピードとか段違いだもん 



メイン SGワンダー 対 SAGAT 

この試合で思ったのはSGワンダーやっぱり凄い 
前半は完全にワンダーワールド、SAGAT食われてたよなぁ 

んで後半ガッツリしたぶつかり合いしても負けてないんだよね 

終盤はスピアー連発でSAGATが勝利 
良くはないけどあれしかないよなぁ 
けど勝ちにいってくれたのは嬉しい事です 

準決勝はプリンス石井対有明省吾、リヴァーサル沢対SAGAT 


リヴァ沢対SAGATって二人のデビュー戦のカードだっけ? 
たしかDVDで見た気がする 

来月は1月8日、ブル様興業と丸かぶりなんですけどどうしたものか 

この二択で迷うのって多分俺だけだよなぁ 
今の所RAWが濃厚 
  • ライブドアブログ