yo1134

アキバで働くプロレスオタク

2012年09月

10 9月

9.9 JWPに行って来ました

何年ぶりかのキネマ、ももクロちゃんでも来てないからなぁ 前回来たのは奈苗元気のシングルマッチがあった時のNEO 席にはつかずにバルコで立ち見、マイミクがいっぱいw 上から見たらちょっと空きがあるなぁって思ったんだけど 普段より席数が多いらしい、そして自分らみたいな立ち見も多いからそれでだね 250人超満員札止めの発表でした 第一試合  二戦目のライディーン、さすが勝が相手だと防戦一方 頑張ってたけど完敗だね、ドロップキックよりも対角線ならショルダータックルとか思いっきり決めた方がいいと思うな 勝はやっぱり髪が気になる 第二試合 リセット 対 中森、モーリー 中森、モーリーを応援、モーリー良かったなぁ あんなチョップ打つのね、さくらさんの胸真っ赤だった 変形のバックドロップ、あれ一発で試合決まるぐらいまで持って行ったらカッコイイんだけどねぇ なんどか試合見てるけど今日が一番思いっきりのいい試合をしてた気がする 華子も頑張ってたけどもう一声欲しくなる 一回どこかで爆発しないかなぁ どうすればいいんだろう?今までやったことないであろうタイプとやってみるとかか?市来さんとか リセットの連射ムーンサルトは凄かった、あのタイミングでぶつからないで出来るんだ あれは返せないと思ったけどまさかの2カウント!! モーリーコールが起こったものの米ーZOUでピン 第三試合 赤コーナーにチャンピオン三人揃えちゃそりゃ赤が勝つだろうって 言いたくなるっカード、個人的に目を引いたのは川佐 いっつも当たりが軽いなぁって思っていたんだけど ヘイリー相手のタックルは良い感じだった、あれが誰にでも出せるといいんだけどね 第四試合 豊田真奈美 対 倉垣翼 豊田さんが厳しいなぁ、コンディションが相当悪い感じ フィニッシュのクインビーボムもその他の技も上がってない それに負けてしまう倉垣翼、やってる方はキツイんだろうけど 正直これで豊田真奈美25周年のカードに興味がいくかっていったら厳しいよ メイン ボリショイ、中島 対 LEON、Ray いっちばん凄いって思ったのはやっぱりボリショイさんだなぁ ホントに凄い選手だよコマンドボリショイは ハイスピード王座とか最初の決定戦にボリショイさんが入ってたらまた違う道が あった気がするんだよなぁ まぁそこはいいか 中島があくまでLEON狙いでいってたのが良かった 結果はボリショイさんがRayから取ったけどね 勝敗決まった瞬間から不満顔だったのが印象的 そういやボリショイさんはRayをじっくりやってみたい選手としてあげていたけど どこら辺でそう思ったんだろう? そういう所もっと口にしていけばいいのに JWPは試合レベルは高いのに普段会場に来ない人に興味を持たせる工夫がなさすぎる ってのをよく聞く(自分の周りじゃよく出る話) 試合は好みがわかれる所だと思うんだけど 興味を持たせる工夫がなさすぎるってはホントにそう思うんだよね 紙面を飾ることも少ないから会場以外にはまったく凄さが届かないし 変えていこうというならばまずこういう所じゃないかと自分は思う 試合後ボリショイさんのマイクの途中でリセット乱入 そして華子、モーリーがリセットに合流!! いやーこの辺りの流れは最高だった!! 華子のマイク、キョロキョロし気味で相手見ながら言わなきゃって思ったんだけど 勇気出してやってるんだろうなぁってのが見えた こういうの見るとハッパかけたくなるんだよね、客がこういうこと言うのも変だけど(笑) そういう点じゃモーリーは肝が座ってるというか吹っ切れ具合が華子より一歩進んでるのかもしれない ついこないだまで触れてくれるなって部分に自分から突っ込んでいったもんね プロレスは“心”です!! 来月のキネマでリセット対JWPの4対4ルール未定 JWPの面子は春山指名で春山、ボリショイ、中島、勝 勝が指名された時のラビットの顔が印象的 チャンピオン揃えてきてたし最後呼ばれると思ったろうね ってか俺もラビットだと思ったんだけどなぁ タイトルとかそういう面でいやラビットの方が結果出してるのに そういや今回はリセット参戦までに色々あったけど今回は一ヶ月前に参戦が決定しましたね 道場マッチ以外は次のキネマまで大会がないJWPはなにかアクション起こすだろうか? それともGatoh-meetであれこれやるのか? ってかGatoh-meetはこれからどうなる! 今までさくら対華子が一本の軸だったけど、同じチーム内となるとそうもいかない気がするんだけど 今月も当たりまくって鍛えていくか? 何回か行けるはずだから楽しみにしておこう 今回普段来なかった人が多いはずだよね? Jは後楽園だけでいいやって感じの人も含めて、自分もその一人 春山さんがベルト取った時 「まず一度見て欲しい、見た上で合わないと思われたらそこからは自分達の責任」 って言ってたけど、この言葉今回当てはまるよね、後楽園以外のJWPに一回来てみたけど JWPに対してのスタンスは変わらずですよ 見たいと思った時に行けるようならば行って楽しむ 自分の観戦スタイルは基本はこれ 予定を開けて見に行きたい団体もあるけども今回はそうはならなかった
3 9月

9.2  秋葉原プロレスに行って来ました。

ワープロでベンジャミンがポロロッカやってるの見た後もいろいろやってたら寝たのが6時ぐらい えぇ寝坊しましたとも・・・、久しぶりにやってしまった 起きて5分後には家を出て会場についたら第三試合の途中 試合を控えたメソが外でスタンバってた 第三試合 学プロの選手は初見 ヴァサラ国鉄組っていうのは珍しい気がする 近藤ベースの選手がいたけどなんか村上一成に見えた 最後はインモラルツイスターでヴァサラが勝利 あたりがちょっとずれてたのが残念 第四試合 メソ 対 ダイヤモンドフユカイ 名前はよく聞くダイヤモンドフユカイ、ポーズとってる時に若干照れが見えるけどそこがまた味だね(笑) 肩周りに筋肉つけたらあのポーズもっとかっこよくなりそうな気がする スリングブレイドは最近使う選手多い気がする その辺りにもやっぱり流行りがあるのか? ハイフライも高さも飛距離もあって良かったけど一発だけにの方がインパクトあったろうね 機会があればまた見たい メソはTIWのベルトを方に入場、防衛するまで巻かないらしい 試合ちょっと変わってきたよね 中盤でやってた腹をグリグリ踏みつけてるのはいいチョイスだと思う セントーンもだけどあの体重でのっかられちゃ相手キツイよなぁってのが想像しやすいもんね わかりやすいのが一番 ドドンまでもっていければ違う結果になってたかもしれないけどたられば言ってもしょうがないか セミ 平田明 対 ダニー ダニーは初見 健康プロレスと聞いて俄然興味がます、雰囲気から違いますねぇ 健プロの選手たちはみんな雰囲気もってますよね それと序盤の攻防に雑味がない感じ ダニーもまた凄い選手でした、また見たくなってくる 驚いたのは平田の巨体で滞空式ブレーンバスターやったこと、しかも持ってて全然振れない!! 見た目以上にパワーが凄い 平田は見るたびに平田感がましていく感じがするんだけど気のせいだろうか? 今回はちょっと完敗って感じがした 最後はエアプレイスピンからそのままハワイアンスマッシャーにいく技でピン、女郎って言ってたかな メインAKBW王座戦 サド 対 タイガーベットシーン 前回見逃したカードだけに今回は絶対見たかった! サドがフライングゲットで入場してきたのは前回負けてるだけに気合の現れかな サドのグランドというか脚取るにしても腕取るにしてもバリエーション多いね、ベッシンが切り返して逃れようとしてもすぐにまた次のに移行してる感じ ありゃやられてる方はキツイだろうなぁ 途中ベッシンの脚にサドの体重が乗っかった感じになり脚を負傷するも「痛くねー!!」と言い張るベッシン 脚引きずりながらもカウンターの張り手、雪崩式フライングメイヤー、ファイヤーバードと決める所は踏ん張って決める姿はかっこよかった、あとロープワークにあわせてカサドーラ決めるものいいね あれ藤本がツカドーラでたまにやるんだよなぁ 王座移動新チャンピオンおめでとう!! 納得はしてないようだったけど 見てる側からすれば素晴らしくて凄い試合だった 文句ある奴は上がってこい 風魔上がるもスルー、サドに再戦要求 あれこれ喋ってたら客席から乱入者が!! 誰だ!!って思ったらアウトサイダー根岸!! そういやサド対根岸はどうなるんだろう?タイトルマッチでやるつもりだったのかなぁ その後に乗り込んできたのがでかい一物、完全に試合の時のテンションだ!! 一物「生意気なこと言いやがって青二才が!」 ベッシン「生意気なこと言わなきゃ強くなれないんだよ!!」 ってなやり取りがありベッシンはでかい一物に対戦要求 一物「チャンスを掴みに来た奴を踏みにじるようなこんなチャンピオンは未来を見せられないと思う     俺はこのチャンスをむしり取りに来ました、俺は16年リングに上がってます、3年ぐらいの小僧っ    子が生意気なこと言ってるのは許せない、そして俺はサドに負けてんだよ、     サドの仇討ちは俺が決める」 このマイクは格好良かったなぁ しめの後に客席に座ってた若頭の横にたって「お願いします!!」って力強く言ってた場面も良かった。 いつやるのかわからないけどこれは見たい一戦ですよ 今日乱入してきた選手以外でベッシン戦が見たいのは ヴァサラ池内、邪馬屠、ドクロ狂四郎かな 秋プロ今年は多分もうないよね、WINで防衛戦やった事あるから 他団体とかで防衛戦あるかも知れないけど 自分のミスで前半見逃したけど面白かった!行って良かったです!
2 9月

9.1 アイスリボンに行って来ました。

メインに惹かれて道場に行って来ました。 前説は藤本とあおいちゃん、あおいちゃんが浮き足立っててグダグダw 第一試合 松本、内藤 対 ヘイリー、くるみ 内藤さんに関しては意見が色々割れそうだけど自分としてはありですよ 同期が出来が良すぎるぐらいだから見劣りしちゃう面があるけどね RKOに入るまでにどうするか、後はやっぱり基礎体力アップがキモかな ひろよんは後楽園出れるのだろうか? 藤本とのシングルだったら嬉しいんだけどな、舞台としても申し分ない!! 第二試合 松本都 対 渋谷シュウ 字面だけ見ると何かが起こりそうなんだけどなにも起きず 二人共ヤケドしかしてないような? 取りあえず松本都+天然は厳しいね 第三試合 チェリー、成宮 対 志田、つくし チェリーさんが悪いねーw 中学生を活き活きといびる38歳、見る方としてもつくしを応援しやすい ただなぁチェリーさんはこういうプロレスじゃなくても出来る人だと思ってるので ガッツリやって欲しい所でもあるんだけどね 志田と成宮、当たりの強い攻防はいつもながら良い感じ けど狙って切り返しで見せ場作ろうとすると途端に客席が静になる 二人にはこの手の攻防望まれてない気がするんだよなぁ 相手がそういうタイプならともかく二人共違うわけだし 後楽園でチェリー内藤の38歳コンビがリボンタッグ挑戦が決定 その場で駄目だしされてたけど内藤さんは取りあえず大声ってのは辞めた方がいい メイン 藤本つかさ 対 りほ 何度も何度も書いてきたことだけれどもりほはホントに凄い こないだ見てもうこんな試合は見れないんじゃないかと思ってたけど自分がバカだった りほはとんでもなく凄かった こんなりほが出てくるにはどうすうればいいのか 答えは単純、対戦相手がりほをちゃんとプロレスラーとして見られるかどうかだと思う たいていの選手は子供として扱っちゃう、そりゃそうだよね 実際子供なんだもん、けど同時にプロレスラー、そこの部分が抜けてちゃ どんなに試合巧者と言われる選手とやったってこんな試合は生まれはしない 休むことも多いけれども6年のキャリアをもち IW19が出来る以前には団体のベルトを総なめにした選手と 現アイスリボンを引っ張るトップ選手との凄い試合だった りほは途中で勝てないと思ったなんて言ってたけどそんな空気、試合中微塵も感じなかったなぁ 座談会ではりほ今度の後楽園で退団を発表、今後はさくらさんに合流するらしい 多くの人が卒業、長期休業を予感していただけに驚きつつもプロレスを続ける選択をしてくれたことに 一安心 藤本「りほさんはアイスリボンの太陽だと思ってたけど違いました、プロレス界の太陽です」 聖菜とりほはプロレス界を明るく照らすという意味でライト姉妹とさくらさんに名付けられました りほがいた事で救われた大会が何度もあったよね、団体としては大きな力を失うことになるけれども 残るメンバー達、一人ひとりに魅力がありアイスリボンを照らし、団体をアピール出来る選手になると思っています 今はまだ探り探りだけど、失った力はまた時間をかけて養っていけばいいだけのこと 自分のスタンスはこれからも変わらず、色々見たい人だから見たい時に行けるようならば行って楽しむまでです みんな頑張れ!!
  • ライブドアブログ