行って来ました畳のプロレス、輝さんと迷ったけどこっちに


ギリギリに到着かなぁって思ったら第一試合の入場中だった

試合間に合って良かったあぁ



第一試合 作業IN藤原 対 SGワンダー

藤原は初見、スポ選マニアのダーク出てたよね、あの時は見逃しちゃったんだよなぁ

今日やたら頭ポンポンネタがあったけどリヴァ沢のあれだよねw

藤原現時点じゃなんとも言えないや、デビュー目指して頑張ってください

結果はグランドドラゴンスリーパーで藤原勝利

RAWはデビュー前の選手にベテランが負けるのがお決まりになりつつあるなw




第二試合 前田、マッチョ 対 RYB

前田とさがと、リヴァ沢の絡みはすっごい面白い、マッチョも面白いんだけど前田の方が目を引くなぁ

薄毛の人の頭皮に一点集中攻撃かけるRYBは結構酷いと思う、うん

最後はゴアグランドでさがとがマッチョをカバー肩浮いてたって主張してたけど自分のイタ方からは見えず



第三試合 ハレタコーガン、ケンタDX 対 尾谷、トモヤ


最初結構な時間組長一人で試合してた、捕まってたわけじゃなくてそうしていたように見えたな

序盤のグランドが面白い、やっぱりプロレスのグランドはこの感じだよね

客席から「うわぁ」「やられたくねー」って声が上がるぐらいキツイ場面もあった

ありゃホントにキツそうだった、それなのにカットに入ったトモヤにすかさず反応してるんだから凄いよなぁ


ケンタ、以前までのやる気の無さそうーな序盤がなくなってきてる気がする

積極性が出てきたというのか、あのガタイだもんもっと手がつけられないぐらいだっておかしくないんだよなぁ


尾谷は、、、、俺はこの選手に対して見る目が厳しいのだろうか

なんか物足りなさを感じちゃう

あっカナディアンから走りこんでシットダウンしていくのは良かった

トモヤ、デビューいつだっけ?キャリアと試合数考えたら凄いと思う

中途半端な事しちゃった場面もあったけどその後に喰らった組長の張り手、そっから後が良かった

最後も自分で取りにいったしね



セミ メソ、オカド、TOLIE 対 邪馬屠、RYO、求道DK

東国の二人が仲違い?してた、いちいちメソを挟んでタッチ

TOLIEは初見、あんまり特徴はないかな

RYOが変わってたなぁ、エルボーが見違えた、当たりは変わらずなんだけど

当て方と言えばいいのか?見てて引くようなえげつなさはなくなってた

この試合メソが良かったんだよねぇ

今まであんまり感じなかった闘争心的な物を感じた、邪馬屠をふっ飛ばしたエルボー凄かったよ

試合後は色々あって邪馬屠軍団が出来てたw




メイン ハレタコーガン、ケンタDX 対 さがと、リヴァ沢

RYBの奇襲でスタート、しばらくは組長とリヴァ沢、ケンタとさがとって感じでやりあってた

前半はリヴァ沢が捕まってた

邪道さんだったかなぁタッグは相手をいかに一人にするかがポイント

って感じの事前にいってたんだけど、それはこういう試合の進め方を言うのだろう、見事な分断

試合全体で存在感が抜けていたのはやっぱり組長

テクニック面だけじゃんくてアックスバンバーやローリング張り手とか強烈なのかましてし

けどリヴァ沢もケンタも良かったんだよねぇ

リヴァ沢とか俺が見だした時なんか打撃が全然ダメだったというか躊躇してたのに

今日はそこ感じなかったし

上でも書いたけどケンタは積極性が出てきた感じ、後はスタミナとボディ打たれると止まりがちだからそこかなぁ

この中で試合を決めたのはさがと

やっぱりフィニッシャーしっかり持っててそこ外さないってのは強みだよね

ゴアグランド強烈だった!

試合後さがとがRAW卒業を宣言

今後の事について名言はしていなかったけれども時が来たのでしょう

以前からプロに行きたいというのは口にしていて

見る側にもこいつはプロ行ったら面白そうだって思わせる試合をしてきて

アマチュアとしてプロのリングにも上がって来た選手です

全試合ってわけじゃないけども要所要所で見てきた選手

その選手の旅立ちは見届けたい、来月もいかなければ!!