取りあえずメインのみ 

完全にさくらえみの試合だった 

チョップと腰攻めでペースを握り 

宣言してたトペ3連も実行、限界の歌も試合中に歌い 

直後にトップロープから場外、コーナー吊り下げ式、政調のフットスタンプ3連発受けても 

なお試合の主導権はさくらさんが持っていた 

けれども結果は中島勝利 


さいごの頭突き、だるま、ドラゴンと畳み込んだのは凄かったよ 

あの腰でよくやったと思う 

中島はこれから大変だよ 

先輩たちのケツ叩きながら外にアピールしていかなきゃいかない 

試合後、選手全員上げてこの中から次期挑戦者をってハッパかけてるのに 

誰も名乗り出もしない、試合後唯一突っかかったのはモーリーだったね 

さくらさんのセコンドで先にさがったけど 

あの場面見てホントにこの団体は上の世代に期待が出来ないと思った(俺がハルクラ嫌いなのもあるけど) 

ボリショイのトーナメントやって決めようって発言聞いてこの人がいる限り 

この団体にスピード感っていうものが生まれることは無いと思った 

この団体、中島に変えられる? 

主張しない上も下も変えていけるかい? 

誰かいないのか?じゃなくて誰でもいいから指名すりゃ良かったのに 

さくらさんはベルトを落としたら離れると宣言してたし 

こっから先Jにでても今年のようにはやらない気がする 

HMKの3人はリングの上で主張していくってことに関してはもう大丈夫だろうけどさ 

今年はJWPよく行ったよ、今までの観戦歴のJWP総観戦回数以上に行ったかもしれない 

けれども来年からはわからんよ 

後楽園とかはともかくそれ以外はわからないってかいかない可能性大 

楽しめる団体は多い方がいい 

けれどもJWPは受け付けない選手の方が多いんだよねぇ特にハルクラ